フォト
無料ブログはココログ

« 悠希・横浜マラソンを走る | トップページ | 2015年(平成27年)を振り返って① »

2015年5月 3日 (日)

統一地方選挙

激動の4月・地方統一選挙

 大変な4月でした。43日~12日は統一地方選前半戦(道県知事選、県議選、政令市市議選)、続いて1週間のインターバルをおいて419日~26日は後半戦。

応援、支持、気になる候補者に付いて書きます。皆、市民派!

 

前半戦

 長谷川くみ子 (相模原市南区市議会議員選挙・無所属)

 相模原市南区市議会議員候補の長谷川くみ子さんの応援に入りました。43()のポスター貼り、その後選挙カーに同乗し各地を廻る。長谷川くみ子さんに対する市民からの反応の良さ、手応えの感じられる選挙戦でした。夜7時過ぎ、ある団地の前での街頭演説、長谷川さんの話が始まるとベランダにポツポツと人影、まだ寒いのに誰も中に入ろうとしません、話が終わると、四方から拍手の嵐、しばらく鳴り止みませんでした。私も熱い物がこみ上げてきました。雪交じりの雨が降るなど雨に祟られた選挙戦。

 定数18名の選挙区ですが、立候補者29人中113708票で当選しました。

Dscn1885

後半戦

 石田ゆたか (大和市議会議員選挙・無所属)

 数ヶ月前から、準備作業に参加、419()のポスター張りから選挙戦スタート、本人は赤い自転車に乗り選挙カーの前を走る、というスタイルでの選挙戦、相模原市の長谷川くみ子さんの様な熱烈な反応は無く、初出馬という事がいかに大変な物かを知りました、それでも赤い自転車で飛び回り準備をしてきた成果が徐々に現れはじめ、特に若い世代の支持が固まってきたようでした。424()中央林間に山本太朗参議院議員が応援に来られた時は最高の盛り上がりでした。

定数28名で、立候補者36人中281299票でギリギリ当選。31歳元料理人。

今後も試練は続く、頑張れゆたか!

Dscn1972

 

 江口友子 (平塚市議会議員選挙・無所属)

 昨年、マック赤坂さんの大阪市長選の時お目にかかった江口さん、今回平塚市議選に立候補、市議を三期勤めたベテラン、しかしなんと39歳若い! 早速豊田本郷に居る姉に連絡してできたら応援してよと頼む。江口さんは「馬とのふれあい選挙」と称し選挙カーを使わず、市内を馬と一緒に廻るという選挙スタイル。ツイキャスで観ていると、まず子供達が「アッ、馬だ!」と飛んできて、「触ってもイイ、乗せてもらえる?」と大人気その内近所のお年寄りが重い足を引き摺りながらやって来て道産子のマロさんに触って大満足、人が集まっているものだから、今度は他陣営の候補や市長候補までもが集まりまるでお祭り騒ぎ、これこそ「まつりごと」。これも江口さんの人柄なんだろう。

定数28人、立候補者数31人、見事トップ当選、江口さん曰く「5379人もの方に投票していただきました。道産子のマロさんの力を借りました。」

(写真は江口友子さんのブログからお借りしました。)

 

20150430_623091

 

 佐藤あずさ (八王子市議会議員選挙・社民党)

 昨年の都知事選、宇都宮けんじ選対の中心で働いた佐藤あずささん、ウツケンさんから「真の政治家とは一人でマイクを持って人々の中に入って行く事の出来る人だ!」私もこの言葉をウツケンさんから何度も聞きました,この言葉をしっかりと実践したのが佐藤あずささん、30歳。アイドル並みの可愛らしい容姿、しかしその意見は的を得て鋭い、数ヶ月前から一人八王子駅等にたち主張を繰り返して来ました。

定数40人、立候補者数51人、6490票、初出馬で見事トップ当選。

「市民運動の中からスターが出てリーダーとなってゆくべきだ!」と宇都宮けんじさんが言うように、スターが生まれた実感がする、これからリーダーとなってくれるのか!

あなたならできる!

 

Image37336x252_2

 

 川野たかあき (杉並区議会議員選挙・無所属)

 昨年の都知事選、佐藤あずささん同様、宇都宮けんじ選対で街宣責任者担当として目まぐるしい働きをしたのが川野たかあき氏である。私はこの方からビラ配り等街宣活動のイロハを教えて頂いた。昨年6月杉並区補選に出馬したが届かず今回心新たに挑戦、甘いマスクと確固たる信念、佐藤あずささんと共にウツケン門下生の一人。

定数48人中43位、2,231票で初当選を果たした。

 

11196262_675521089244141_1527952957

 

 

今回、長谷川くみ子さん、石田ゆたか氏の選挙に実際に参加してみて、若い20代の若者と行動を共にして感じた事。

若い連中も捨てたもんじゃない、自分が20代の頃こんなに真剣に政治を心配していたか?今回行動を共にした若者達、心の純粋さ、一点の曇りも無いと思える心の内、こんな若者が居るんだ、この人達がやがてリーダーとなって市民を引っ張って行ってくれたら、日本もより良い方向へ上がれるのじゃ無いかと期待したい。

今回、いわゆる市民派といわれる候補者がたくさん当選しました。市民に一番近い市議会、区議会にこの様な人達が増えれば、トップダウンの政治をボトムアップに変える事が出来ると思う。

  以上

« 悠希・横浜マラソンを走る | トップページ | 2015年(平成27年)を振り返って① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1594704/59863538

この記事へのトラックバック一覧です: 統一地方選挙:

« 悠希・横浜マラソンを走る | トップページ | 2015年(平成27年)を振り返って① »